モジスラのどっきんな日常

引っ越しのお祝いに花を選んでみました

   

季節の移ろいを感じることができる、花のある暮らしは普段づかいの器にそっと1輪挿して飾ることもそうですが、花を贈ることも、もっと身近なものになってくれればと思っています。友人宅に遊びに行くときにブーケを持っていく、庭で咲いた花を東ねておすそ分けする……よくよく思い起こせば、ブーケを贈ることは日々の暮らしの巾にとけ込んでいる行為。決して特別なものではないのです。リースも同じで、クリスマスなどのイベントだけのものではありません。僅しいテクニックなんて必要なく、まるくすればなんでもリース1リースなら季節の花をとり入れやすく、一度作ってしまえば艮い間飾り続けられるのもうれしい。ブーケであっても、リースであっても、花を贈るのってとても幸せなこと。 「あの人の好きな花はなんだろう」、そう贈る相手を思いやりながら、花を選び、形にしていくのも素敵なことです。思いをのせたり、思いを受け取ったり。ブーケもリースも、気持ちを見極める手段として、大切にしていきたいと思うのです。
作の花の中でも、とくに香りが強いヒヤシンス。その香りは。香水の原料として使われるほどで。ヒヤシンスを楽しむ魅力のひとつです。ブーケにして飾れば、すがしい香りがいい感じ。気持ちもいっぱいになります。このプーケで使っているのは、肥料を使わない畑で育ったヒヤシンス。丈が短く、花もきゃしゃですが、花ひとつひとつの表情がとても愛らしいのです。そこに、同じ畑で育ったパンジーとヒュ-ケラの葉を合わせて、外の景色をそのまま朿ねたようなプーケにしつらえました。雨風にさらされて介-、た哢花で作るブーyは、見た目は繊細ですが、凛とした趣があります。パンジーは、よくよく観察してみるととても衣情のある花で、ほほえんでいるよう。そんなパンジーの衣情を楽しむように、ブーケの1前に添えます。
スイセンは、道端や野に咲くイメージが俵かったのですが、じつは海などの水辺に群生する柚物。漢字では「水仙」と咨くことからも、水と深い関係があるのがわかります。早咲きの「ニホンズイセン」は12月末から咲き始め、花の人きな「ラッパズイセン」や「八岷咲きのスイセン」などはり|頃までと、とても花期が長いのが特徴。¥咲きのものは气の中でも化をつけることから、「町中花(せっち。うか口ともいい、冬の間から春を感じさせてくれる化です。スイセンのみのブーケですが、亊やかな黄色の八重咲きのスイセンをk役に、1’|いラヅパズイセンを介わせています。このように1帰順の花だけを東ねるときは、咲き方や色迎いのものを介わせます。咲き頃も、蕾、峡きかけ、咲いたものを織りまぜると、表情豊かになります。移転祝い

 - 未分類